www.qxw188.com

車検費用


予約、見積もり、料金


Last Articles

Link
Link

Links

運輸省認証の整備工場での車検の必要性について

自動車は主に日本の地方に住む人にとっては生活の足でありとても便利なものです。 一方で車は別名走る凶器等とも言い、1tを超えるような鉄の塊が高速道路であれば 100km以上のスピードで普通に走行しています。 一歩間違えれば、つまり車自体に異常が生じているのに気づかず、 そのままずっと走り続けていると、その異常が車の走行を狂わせる素となり 大事故になりかねません。 車自体が人間が作ったものですので、その上に様々な法的な網をかけてある その一つが運転者に対する運転免許制度であり、 もう一つが車検です。 車検とは自動車も道路をいつでも安全に走行するための様々な審査のことです。 自動車は約5万点の部品から成り立っている精密機械のため、 車の中身を調べることに関しては 専門の知識を持った人間でなければなりません。 さらに、車の部品の中には特定の心証を持った整備工場でなければ整備分解できない ようなものも非常にたくさんあります。 このエピソード一つとっても 専門機関で車の検査を受けることはとても大切な事だとわかるでしょう。 車検を通す機関としては現在、自動車を購入したお店が一般的ですが その他の自動車整備工場でも車検を安全安心で受けることが出来ます。 また、大型のカー用品店に整備場が併設されている場合もあります。 最近はガソリンスタンドや、ユーザー車検やユーザー車検代行などでも 車検を受けられる所が増加してきています。 大きな違いはいわゆるディーラーのような指定整備工場の民間車検場や 指定整備工場、認証整備工場は管轄の運輸局から直接認証を取得していますので、 例えば、ブレーキの調整だけでなく、 ブレーキパッドの交換等の分解整備も許可されており可能です。 以上のように認証を得た整備工場で車検を通すことは 車を走る凶器にさせることなく、安全に運転することが出来るカギとなります。車安く

ブレーキと自動車保険

一番自動車保険料が安い会社で決めようかと思ったのですが、子供が1歳半で他人様や外出先で迷惑をかけないとも限らないので、個人賠償責任保険のついているアクサダイレクトに決めました。 東京海上日動から来た更新案内は60,000円を超えていたのですが、同じ内容でアクサで加入したら42,000円で済みました。 インターネット契約割引だとこれから更に割引をしてもらえるはずだったのですが、これまでの契約が保険期間2年だったので、インターネットで手続きできず書類のやり取りになってしまったので、損しました。 まあ、来年また他の会社に切り替えれば割引してもらえることでしょう。 あと、アクサのキャンペーン期間中だったので、プレゼントということでハーゲンダッツの引換券を貰いました。 おかげさまで久々にハーゲンダッツが食べれました。 いつも安売りの時しか買わないので(笑) 証券も発行しないようにしたので、契約した実感はあまりないのですが、とりあえず申込書のコピーを車のダッシュボードに入れておいたので、何かあったらそれを見ようと思います。 少しでも節約したい人で、今まで大きな事故を起こしていないなら通販系がおすすめです。自動車保険おすすめプラン

カーシェアリングを利用してみて

カーシェアリングを利用しようと考えたきっかけは、数年前に引越してきたマンションに付属の駐車場がなく、周辺の月極駐車場代金がとても高すぎるので自家用車を売却したことにあります。周辺の月極駐車場代金が高いのは、引越したマンションが比較的都会にあるです。都会なので公共交通機関が便利であり、その分自家用車があまり必要ではなくなってしまうこともあり売却しました。 それでも、全く自家用車がないということは不便なこともあるのが心配でしたが、都会の分、近くにカーシェアリングの台数が相当あるのでそれで借りればいいという考えもありました。自家用車を売却した後にさっそくカーシェアリングの会員になりました。カーシェアランキング カーシェアリングの使用頻度はだいたい月に2回から3回という感じですが、それで一月平均7000円から1万円程度の利用代金となっています。もし自家用車を保有したままでいれば維持費は月に7万円から8万円程度が必要であることを考えるとかなりコスト削減ができているといっていいでしょう。こう考えてみると自家用車の保有はかなり維持費が高くつくということがわかります。 予約などもパソコンやスマートフォンですべて完了するので面倒はないでもありませんが、難しいことはありませんし、料金体系も簡単で利用料金がわかりやすくなっているのがいいところです。ただし、私の自宅周辺にはかなりの台数があるのですが、それでも借りたいときにはちょっと遠くの場所まで借り出しに行かなくてはいけないことがあります。カーシェアランキング

車検

で、結局業者に頼むのが一番楽で案外安かった... ユーザー登録車検って大変なのです。・・・はっきりいってユーザー車検は『めんどくさい!』と言う結論に達しました。今回は時間もないのでスパッとあきらめました(笑)そして私は普通に民間車検工場に頼みました。登録から車検、整備まですべてやってくれます。それが値段もユーザー車検より2万くらい余計にかかるくらいで、これだったら時間とエネルギー使うなら払ってもいいな。。。てゆーか、むしろコスパいいかも!ということで車検について詳しくなれったってことで良しとします。普段から車をいじってる『玄人』で無い限りすんなり行かないので結局、業者の方が安い!早い!確実!って感じです。平日仕事も有りますし、今回は挫折して車検 安いから車検業者に頼みました。 もうユーザー車検に挑戦なんてバカなことは考えないと思います(笑) 車検費用の内容 もちろん、書類だけでは合格になりません。当日は車検場で検査官と一緒に検査するんですから、車の知識がある程度求められます。検査を受ける前に問題ありそうなとこは自分で整備しとかなきゃいけませんし。実はオイル交換もまともにやったことないレベルなんんです(汗)こりゃー絶対に落ちるわ。。。 ユーザー車検について 車検制度というものがあって、車は2年(最初だけ3年)ごとに車検を通さないといけないんです。 いままではディーラーにお願いしてました。総費用はレガシーで約15万円です。2年ごとにこの金額は痛すぎます。そう考えてユーザー車検というものがあると聞きつけて挑戦してみようと思いますた。メリットは とにかく安い(実費のみ) 早い(1日で終わる) デメリットは 平日しかやってない 全部自分でしなければならない という感じです。当たり前なんですが、全部自分ひとりでやらなくてはならないっというところで引っかかってしまいました。なにしろこれまで、すべてディーラーさんに任せっきりだったので、車検証すらまともに見たことがなかったんですから... ちなみにユーザー車検に必要なもの 車検証 自動車税支払いのレシート 整備点検簿 有効な自賠責保険 印鑑 もうお話になりません。事前準備の書類の作成でつまづいてしまいましたwww係の方に説明して、どういう感じなのか確かめるために車に乗ってもらい、異常だということを確認してもらいました。その場では原因が何なのかは分からなかったため点検してもらうことになりました。

Comments()


Comments()